ゴルフ

スロープレー

ゴルフコースでは、
9ホールを2時間15分でプレーする
という基準があります。

スロープレーをしてしまうと
ゴルフ場関係者から注意されたり、
他のゴルファーから嫌われてしまいます。

しかもプレーが遅くなればなるほど
ゴルフは下手になると言われています。

「お金を払っているのだからゆっくり回りたい」
という気持ちは分かりますが、
他にもコースを回っている人がたくさんいます。

最低限のペースで回れるような
心遣いはしたいところです。

そしてプレーファストになれば、
それはゴルフが上達した証です。

ゴルフ初心者は同伴者に着いていくだけで
大変だと思いますが
我慢してゴルフをしていきましょう。

遅いレッテルを貼られると
次のゴルフには絶対誘われません(笑)

スロープレーを防止するには

スロープレーを防止するために
1ホールごとに無駄な時間を
なくすように意識しましょう。

ティーグラウンド

自分の番が来たらすぐ打てるように
ティーやボールは事前にポケットに入れ、
ドライバーのヘッドカバーは外して
すぐに打てるようにしておきます。

また打つ前の素振りは2回までです。

素振りをすればするほど、
自分にプレッシャーがかかり
ミスを誘発します。

セカンドショットやサードショット

セカンドやサード地点に行くときは、
クラブを数本持っていきましょう。

ボールを確認してからカートに戻って
クラブを取りに行くとスロープレーの原因になります。

おなじくバンカーショットをするときは、
レイキも一緒に持っていきましょう

グリーン上

最後にグリーン上でのパッティングですが
自分の打順が来てからコースを読み始めると
スロープレーになってしまいます。

セカンドやアプローチを打ってから
グリーンに上がる前に傾斜を確認し、
他の人が読んでいる間に自分も読みます。

そうすることで自分の打順がきたら
すぐストロークすることが出来ます。

スロープレーがなくなると...

決断力が早くなります。
ゴルフボールやクラブを準備してある状態なので
落ち着いて風や地形を読むことが出来ます。

また、落ち着いていることによって
これまでの練習を思い出しながら打つことができ、
ナイスショットが増えます。

その結果がスコアアップに繋がります。

ミスをしても考える時間があるので、
大叩きすることを防ぐことができます。

スロープレーは「百害あって一利なし」です。

スロープレーが改善され、ファストプレーになれば
どんな時でも余裕を持ってプレーが出来るようになるから
ゴルフをより楽しむことが出来ます。

しかもスコアアップにつながれば、
それに越したことはありません。

もしあなたのお友達にスロープレーをする人がいて
その人自身がスロープレーだということに
気づいていないようだったら、
はっきりと注意してあげてください。

そのお友達がゴルフをより楽しめるだけでなく、
同じコースをプレーしているすべてのゴルファーが
気持ちよくゴルフをすることが出来ます。

そしてもしあなたがスロープレーで
注意をされた事があるならば、
自分のプレーを思い返してみてください。

スロープレーになる原因は必ずあるはずです。

皆さん一人一人がプレーファストを意識して、
他の組のスロープレーに悩まされることなく、
ゴルフをもっともっと楽しいものにしましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KTHR(北原)

AMEXのステータス性に憧れてプラチナ審査に直撃。まさか通ってしまい大学生ながら500万円の与信をGET。仕入れでAMEXを切りまくり月商400万円規模の転売を経験。利益は米国インデックスに突っ込み資産形成。現在は転売以外にも様々な副業に挑戦中。転売・株式投資・仮想通貨・不動産運営・アフィリエイト・コンサル・カジノ。趣味はお金を使ってお金を増やすこと

-ゴルフ

© 2020 Lazzzy inc. Powered by AFFINGER5