Book

【Book】新版 リスティング広告 成功の法則

Kindleで読んだ本紹介 3冊目

新版 リスティング広告 成功の法則

阿部 圭司 (著)
ソーテック社 2013/3/28出版




Kindleで読んだ本、3冊目はこちら

リスティング広告(ppc広告)を運用するための
指南書のような本ですが、
実はこれも紙媒体で読んだことがある本です。



私は会社でWEBマーケティングを担当しており、
Yahoo、Google、Facebookをはじめとした
リスティング広告を毎日触っています。



入社したてで初めて広告に触れるときに
上司から読んでおいてと言われた本でした。

上司曰く、
数あるリスティング広告の本の中で
一番まともな内容が書かれている本だそうです。






概要

Amazonの商品概要です。

本書は、リスティング広告のプロのコンサルタントとして活躍する著者が、その持てるノウハウや経験を、リスティング広告に携わる人、リスティング広告がビジネスに直結している人々に向けて、小手先だけのテクニックにとらわれない、リスティング広告の本質(考え方)を伝えるために記した本です。

リスティング広告の進歩は日進月歩で、細かいテクニックを追いかけていくだけでは、すぐに時代遅れとなってしまいます。
テクニックはもちろん重要ですが、本質を押さえておかないと、無駄な施策を繰り返すことになりかねないのです。





この本の著者、阿部圭司さんは、
リスティング広告の運用コンサルティング会社
「アナグラム株式会社」の社長さんで、

アナグラムは私もメルマガ登録をしているくらい
良質なコンテンツを配信してくれる広告代理店です。



そこの代表を務める方が執筆された本ですので、
内容に関してはとてもためになることが書かれています。





ただし、
この本が出版されたのは2013年、
リスティング広告の世界は1日単位で変化をしています。

広告アカウントの管理画面操作の説明や、
キャンペーンの細かな設定の解説もされていますが
そういう情報は現在の管理画面では通用しないでしょう。

ただし、
出版当時の操作や設定方法は今とは違っても
リスティング広告に対する考え方や、

・検索広告のキーワード展開や除外設定
・ディスプレイ広告のリターゲティング配信

などのキャンペーン構築の理屈は
今でも変わりませんので大変参考になりました。



紙媒体ではじめて読んだときは
広告管理画面も触りたてでしたので
何が書いてあるのか正直あまり分かりませんでした。

しかし2回目、3回目と繰り返し読んでみると
この本の素晴らしさに気づきました。



ただ単にテクニックを教えるのではなく、
リスティング広告をやる上で基本となる
大事な概念を丁寧に説明してくれています。





デキる運用担当者になりたいのなら
必ず読んだほうが良い本です。





  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KTHR(北原)

AMEXのステータス性に憧れてプラチナ審査に直撃。まさか通ってしまい大学生ながら500万円の与信をGET。仕入れでAMEXを切りまくり月商400万円規模の転売を経験。利益は米国インデックスに突っ込み資産形成。現在は転売以外にも様々な副業に挑戦中。転売・株式投資・仮想通貨・不動産運営・アフィリエイト・コンサル・カジノ。趣味はお金を使ってお金を増やすこと

-Book

© 2020 Lazzzy inc. Powered by AFFINGER5