ブログ

ビジネスをする上で大切な考え方

先日家のリビングで
なにげなくNHKの教育テレビを見ていたら、
ある小学校の授業風景が映っていました。



理科の実験をする授業だったのですが、
先生が生徒に質問をしていました。



先生:『この薬品とこの薬品を混ぜ合わせたら、どうなると思う?』

生徒A:『*****という風になると思います!』
生徒B:『そうじゃなくて、△△△△△だと思います!』
生徒C:『○○○○○になるんじゃないでしょうか?』



生徒の意見はバラバラ。
先生は生徒にさらに質問を投げかけます。



先生:『本当にそう思う?自信ある?』

生徒:(首を横に振る。)



そして、先生からの最後の質問。



先生:『自信ないよね。そんなときは、どうすればいいんだっけ?』



この質問に、生徒全員が
声を揃えて同じことを答えした。

おそらくこの答えは、
この質問に対する最高の答えでしょう。



生徒が声を揃えて答えたもの。

それは、、、




『実験する!』

でした。



「教科書を調べる。」でも
「誰かに聞く。」でもなく、
「実験する。」なのです。



これは、大人になった私たちでも
とても重要な考え方だと思います。



私たちは日頃から色んな事を勉強していますよね。

人から聞く話もあるし、
本から学ぶ事もある。

おいしそうな新しいビジネスの話も、
次から次へと入ってきます。



そうして色んなアイディアに触れるたびに、

「これはすごい!」
「上手くいきそうだ!」
「儲かりそうだ!」

という気持ちになるでしょう。



でも、
実際にそれをやってみる=実験してみるまでは、

本当に改善されるのか?
本当に上手くいくのか?
本当に儲かるのか?

は、絶対にわかりません。



ですので私は
「思いついたらすぐ行動!」
をモットーに日頃から生活しています。

例えば通勤時間中に電車広告で
良いキャッチフレーズを見つけたらすぐスマホにメモをして
会社からすぐ入稿作業を進めてみたり、



日常と仕事の区別が曖昧ですね(笑)

でも何事も
リリースするまでのスピードが命だと思っています。



「これはいいな」「うまくいきそうだ」
と思っても行動を後伸ばしにしては
知識だけ増えて結果が全く出てない状態です。




『motion beats meditation』

これは、自称世界一のコピーライター、
ゲイリー・ハルバートの言葉。



日本語だと、
「行動は妄想に勝る」というニュアンスでしょうか。



改善され「そう。」
上手くいき「そう。」
儲かり「そう。」



「~そう。」が頭に浮かんだとき、
あなたならどうします?



妄想を膨らませる?
それとも素早く「実験」する?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KTHR(北原)

AMEXのステータス性に憧れてプラチナ審査に直撃。まさか通ってしまい大学生ながら500万円の与信をGET。仕入れでAMEXを切りまくり月商400万円規模の転売を経験。利益は米国インデックスに突っ込み資産形成。現在は転売以外にも様々な副業に挑戦中。転売・株式投資・仮想通貨・不動産運営・アフィリエイト・コンサル・カジノ。趣味はお金を使ってお金を増やすこと

-ブログ
-,

© 2020 Lazzzy inc. Powered by AFFINGER5