PC

バルク品とリテール品

パソコンを自作するとなると
パーツから自分で集める必要があります。

私も今年に入って初めて
自作PCを組んでみたのですが、
自分の好きなパーツで組めるのが楽しい反面
合う合わないの相性問題や、
自作PC特有の専門用語が多くあり
部品を実際に集めるまでに勉強が必要で大変でした。



今日は自作PCを組むための知識で
部品集め、特に中古で集める場合に知っておくべき
「バルク品」「リテール品」について
解説していきたいと思います。






Contents






バルク、リテール、ジャンク

PCショップに行き、新品でパーツを集めるなら
あまりきにする必要がありませんが、

Yahooオークションやメルカリなどで
中古品を安く集める場合には
「バルク」「リテール」「ジャンク」
という単語に注意が必要です。



「ジャンク」という単語は
一般的に使われていて、
「動作するかわからない、動作保証はできない」
という意味ですが、

「ジャンク品」以外にも自作PCのパーツには
「バルク品」「バルク」と「リテール品」「リテール」
という単語が用いられます。



ちゃんとした意味を調べずにパーツを探していた時、
私は「バルク = 動作保証がない」
という意味なのかなと思っていましたが

動作保証がないのはジャンク品で、
バルク品というのはまた違った特殊な意味があったのです。





バルク品

バルク品というのは、
パソコンメーカーで過剰在庫になったパーツ
使われなくなったパーツ
のことを指します。

パソコンパーツのメーカーは、
パソコンを組み立てるメーカー向けに
HDDや高額ドライブ、メモリなどをまとめて販売しますが、

そのとき余ってしまった在庫を
パソコン組み立てメーカーではなく、
パソコンパーツショップに卸したのが
「バルク品」というものになります。



バルク品の特徴としては簡易包装

しっかりとパッケージされている正規品に比べて
バルク品はプチプチに包まれているだけの簡易包装です。

また、パーツの取扱説明書や
付属品等が全くありません。

そのため価格が安いという
とても大きなメリットがあります。



さらに調べたら価格面以外のメリットもあるのです。




バルク品のメリット・特徴


  • 元はパソコンメーカー向け(業務用)、正規品ではある
  • 価格が安い
  • 簡易包装
  • 保証がやや短い(3ヶ月〜10ヶ月)
  • PCパーツショップ、PC専門店で販売されている


  • 調べる以前は
    バルク品は動作保証がないもの、
    パッケージされていなくて不安なもの

    というイメージを持っていましたが、
    正規品との違いは、ほぼほぼ、パッケージされていないだけ
    同じメーカーが同じ工程で作った、
    不良品ではないものだったのです。

    パッケージがないことに目を瞑れるなら
    価格も安いですしメリットしかありませんね。



    私は簡易包装でも
    壊れてさえいなければ全く気にならないので
    自作PCの多くをバルク品で集めました。




    バルク品として流通しているパーツ

    バルク品としてパーツショップでよく見るのは
    下記のように、1台のPCに複数必要なパーツです。


  • HDD,SSD
  • メモリ
  • 光学ドライブ
  • カードリーダー


  • メモリやHDD,SSDは結構高価なパーツですので、
    低予算で高品質なものを集められるのは良いですね。






    リテール品

    リテール品というのは、
    バルク品と逆で
    しっかりとパッケージされて販売されているものです。



    付属品も揃っており、
    一般販売向けの商品です。

    「リテール品」以外の言い回しもあり、
    CPUでは「ボックス品」
    他のパーツでは「パッケージ品」
    などと呼ぶこともあります。



    初めて自作する人や、
    今後使わなくなった時に中古販売を視野に入れている人は
    説明書を含む付属品が揃っている
    リテール品を買うのが良いかもしれません。




    リテール品のメリット・特徴


  • 一般販売用
  • バルク品より価格が高い、定価販売
  • パッケージ、梱包がしっかりしている
  • 付属品が揃っている、キャンペーン特典などがあることも
  • 保証期間が長い(1年〜3年)


  • 保証が長いのはとても嬉しいですね、
    精密機械ですしPC関連の製品は割と初期不良や不具合が起こります。

    しかし、いくら保証期間内だとしても
    当たり前ですが落下やショートは自己責任で保証は受けられません。




    リテール品として流通しているパーツ

    一般販売向け商品ですので、
    PCパーツのほぼ全てがリテール品ではあります。

    なかでもあげるとしたら、バルク品とは逆に
    1台のPCに1つだけ使用するパーツが多いのですかね。


  • ケース
  • 電源ユニット
  • CPU
  • グラフィックボード





  • まとめ

    バルク品とリテール品の特徴をまとめましたが
    皆さんならどちらのパーツで自作PCを組みますか?

    私は 中古販売を視野に入れていないことと
    パッケージがなくても気にならない、
    予算を抑えたいという観点から

    積極的にバルク品でPCを組みました。
    製品の質はバルク品もリテール品も変わらないですしね。



    安いからといってジャンク品に手を出す勇気がない方に
    バルク品はオススメなのではないでしょうか。

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    KTHR(北原)

    AMEXのステータス性に憧れてプラチナ審査に直撃。まさか通ってしまい大学生ながら500万円の与信をGET。仕入れでAMEXを切りまくり月商400万円規模の転売を経験。利益は米国インデックスに突っ込み資産形成。現在は転売以外にも様々な副業に挑戦中。転売・株式投資・仮想通貨・不動産運営・アフィリエイト・コンサル・カジノ。趣味はお金を使ってお金を増やすこと

    -PC

    © 2020 Lazzzy inc. Powered by AFFINGER5