デザイン制作

フォント名が分からない!そんな時に便利なサービス

おはようございます。

今日はデザイン制作で
役に立つかもしれないお話し



私は広告周りのお仕事をしているのですが、
業務上ランディングページ制作やバナー広告作成など、
デザイン技術を必要とする作業が発生します。

デザイン制作でとっても大事なことが、
「パクること」

悪く聞こえた場合は「インスパイア」と置き換えてください。



私ははっきり言って
センスがある人間ではありません。

ですので仕事を上手く行かせるためには
"上手くいっているものをパクる" のが
最も短時間で成果を生み出すことができます。

同業他社をパクってしまうと流石にまずいので
似たビジネスモデルで全く別ジャンルのサービスを
提供している会社をインスパイアするのが良いのです。





話が外れましたが、
そんな理由から私は普段から
競合分析や勉強の意味も含めて

様々なランディングページや、
私生活の中で目にするバナー広告を
日頃からチェックしています。



そんな時、ランディングページやチラシを見ていて、
「あ、このフォントいいな。使いたい。」
と思うことが多々あります。

皆さんもそんな経験ありませんか?

フォントって、何種類もあって、
普段使っているものは覚えていられるんですが、
初めて見たフォントを探すのって
結構大変なんですよね。

WEBページであればCSSを覗けば
フォントが書かれている可能性がありますが、
例えば紙媒体の電車広告など、
そのフォントがなんであるかなんて
パッと見てではわかりませんよね。



そんな時に活躍してくれるサービスを
紹介していきます。




Identifont -形状別フォント 識別名称別フォント検索

http://www.identifont.jp/



Adobeなどタイプバンクの有償日本語フォントをはじめ、
青柳衡山フォントやみかちゃんフォントなどの無料を含めた
日本語フォントを検索できます。

使い方は簡単で、
名前が分からないフォントの
それぞれの文字の特徴を答えていくだけです。

クイズみたいで楽しいですよ。

日本語の登録されているフォントはしっかり表示され、
登録されていないフォントでも
かなり似たフォントが表示されるようです。

ちなみに英語版もございます。




What The Font

https://www.myfonts.com/WhatTheFont/



こちらは、画像をアップロードをして
フォントを検索することができます。

ただ対応しているのは英語のみです。

調べたいフォントの画像をアップロードすると、
文字部分のみが自動認識され
それに近いフォント名を提案してくれます。

そのままそのフォントを
購入することもできます。




まとめ

いかがでしたか?

フォントは数が多く英語・日本語でも、
また色々と種類があるので結構気になるものが多いです。

そんな素敵な文字を調べることができるなんて
とっても便利ですよね。

今後「これ何ていうフォントだろう?」と思った際は、
ぜひこれらのサービスを思い出してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KTHR(北原)

AMEXのステータス性に憧れてプラチナ審査に直撃。まさか通ってしまい大学生ながら500万円の与信をGET。仕入れでAMEXを切りまくり月商400万円規模の転売を経験。利益は米国インデックスに突っ込み資産形成。現在は転売以外にも様々な副業に挑戦中。転売・株式投資・仮想通貨・不動産運営・アフィリエイト・コンサル・カジノ。趣味はお金を使ってお金を増やすこと

-デザイン制作

© 2020 Lazzzy inc. Powered by AFFINGER5