AMEX ブログ

東京離宮 The Centurion Lounge

2019年11月20日から24日までの5日間

なんと東京・原宿に、
American Exoress の最高峰ラウンジ

The Centurion Lounge

が、ポップアップとしてオープンしました!

センチュリオンラウンジ、
AMEXのセンチュリオンカード(ブラック)か
プラチナカードを所持していなければ入ることすらできない
特別なラウンジです。





私はたまたまですが、
このセンチュリオンラウンジの開催期間中に
AMEXプラチナカードが手元に届いたので
最終日11月24日(日)に
その世界観をなんとか体感することができました。

今日はラウンジ内の写真を交えて
簡単にご紹介をしていこうかと思います。








東京離宮

2019年11月20日(水)~ 11月24日(日)
12:00~20:00(L. O. 19:30)

The Centurion Lounge は、
アメリカに7つ、香港に1つしか存在しない
AMEXの最高峰ラウンジです。

ここに入ることができるのはAMEX保有者の中でも
センチュリオンかプラチナホルダーのみ

そんなセンチュリオンラウンジが、
期間限定ではありますが、原宿駅から徒歩1分
表参道からも歩いていける好立地にオープンしました。

このラウンジで受けられるサービスは
ドリンクや軽食はもちろん、体験型のものもありました。




まずは外観から

JR原宿駅の取り壊しが決まった改札の真正面
Y字の交差点の反対側に、青いオーラを放つ
長方形の建物が、今回センチュリオンラウンジの
ポップアップが開かれた複合商業施「jing」です。

2階建相当の高さの建物で、
外壁は前面ガラス張り。

道路に面した壁には大きくセンチュリオンが描かれ、
その側壁にはAMEXの券面と同じような
細かな模様が描かれていました。

そのたたずまいは圧巻で、
ラウンジないから漏れてくる青い光が
正にAMEXのオーラのようなイメージでした。





側面には "The Centurion Lounge" の文字

写真はありませんが、私が行った日曜日の夕方でも
外には20組ほど並んでおり、15分程度で中へ通していただきました。

開催初日から3日間は、100組以上並んでいたようで
16時過ぎには受付終了してしまうほどの大盛況でしたね。

土日は雨の影響もあるのか、中でのサービス変更もあって
許容範囲の待機時間でした。




受付

受付からはラウンジ内が見えないようになっていて
その壁絵には秋をイメージしたであろう
緑から赤茶への造花のグラデーションが飾られていました。

それもまた綺麗で、なんだか心が落ち着く空間です。

受付でカードを渡すと
プラチナ会員はドリンクチケットを人数分もらいます。

開催当初は特に制約がなかったのですが、
あまりにも混雑してしまったので、途中から
プラチナ会員は1ドリンク制となったようです。

センチュリオン会員はそのような制約がありません。

また、特に入場時間退場時間の管理はありませんでしたが
プラチナ会員は1時間制との案内も受けました。




いざラウンジ内へ

ついにラウンジ内へ案内されました。
中は薄暗く、とてもいい香りのアロマが焚かれており
とっても落ち着きのある空間でした。

入ってすぐ左にバーカウンター

ここでドリンクチケットと引き換えに
お好きなドリンクを提供してもらいます。

提供してもらえるドリンクは
・ワイン(赤、白、泡)
・クラフトビール
・ウイスキー、ジン、ラム酒
・日本酒
・オリジナルカクテル3種
・ソフトドリンク

などで、このセンチュリオンラウンジのためだけに作られた
3種のオリジナルカクテルが一番人気のようでした。


他のアルコール類は一般的にも手に入る銘柄ですが
とくにシャンパンが「ルイ・ロデール」という
なかなか有名な銘柄だったので人気でした。





ラウンジ中央にはまたまた日本の秋を
イメージしたであろうオブジェクト

天井から吊り下げられた逆円錐状のグラデーション造花が
床に円状に貼られたミラーに写し出されて
とても幻想的な空間を演出しています。

ちゃんと専門の空間プロデューサーがデザインしたんだとか

その周りを囲むように2~4人掛けのテーブル席がありますが
「Centurion」と札が立っている席は
センチュリオンホルダー専用の席でした。

奥に行くといくつか札が立っていない
プラチナでも利用できるテーブルがありますが、
かなり少ないのでこの混雑状況じゃ座るのは厳しいですね。

それ以外にスタンディングで利用できるテーブルがあったので
私たちはそこを1つ使いました。





センチュリオンラウンジのサービス内容に軽食がありますが、
私が行った日曜日は、スタッフの方がフィンガーフードを持って
各席を周り配っていくという形式でした。

そんなこんなで私が受け取ったドリンクと軽食はこちら

どれもこれも無料サービスには見えない
クオリティの高さにとても驚きました。

ただ軽食も、ラウンジ開催当初はこのような
フィンガーフードの盛り合わせを
1人1プレート配布していたようです。

これも秋を連想させるとても美しいプレートですね。





壁で区切らている中間のスペースには
「デジタル茶室」なるものがありました。

2面がディスプレイ、もう2面がガラス貼りという
なんとも斬新な、見たこともない茶室ですが、
このラウンジの雰囲気にすっかりと溶け込んでいました。

予約制ですが、中では実際に茶道家のかたが
お抹茶をたててくれるようで、その抹茶が、
たびたび和菓子と一緒に配られていました。





さらに奥に進むと、そこでは体験型のサービス
「リース作り」と「アロマ作り」のブースがありました。

こちらも予約制で、それぞれ専門店の講師による指導の元
オリジナルリース作りと、3種から選ぶアロマ調合が体験できます。

私たちもなんとか席を確保していただき、
実際にアロマを調合してみました。

モデルは3種類あり、専門講師の方が
このラウンジをイメージしてレシピを作ったんだとか。
またこのラウンジ内で実際に炊いているとのこと。

とても奥深いアロマの世界を体験できました。

6~7種類のエッセンスオイルを1滴単位で調合し
小瓶に詰めて持ち帰ることができます。

しかも無料。
本当に非現実的な時間でした。

持ち帰ったアロマは、
デュフューザーに入れて使っているのですが
本当にいい香りで感動しています。

いままでは1種類のオイルを炊いていたんですが、
6~7種類も調合すると雰囲気がガラリと変わりますで。

深みが出るというか、
とにかく凄いとしか言いようがありませんでした。




まとめ

ここまで体験できて1時間
滑り込みでしたがAMEXプラチナを手に入れて早々
とても素晴らしい体験をさせていただきました。

まだ日本にないのが残念ですが、
もしアメリカや香港に行く機会があれば
ぜひ立ち寄りたいラウンジですね。

2020年にむけて、
センチュリオンラウンジを増やすという計画も出ているようですので
ぜひ日本にもできたらうれしいなぁと、軽く思いました。






あなたもAMEXホルダーになりませんか?

この記事を読んでいる人の中で
ゴールドやプラチナを申し込みたいけど
審査が通るか不安な方がいたら

是非勇気を出して審査してみてはいかがでしょうか?

私が通るくらいですから、かなり甘めの審査をしているんですかね。
一定の収入があってクレカの滞納がなければ
必ず通るんじゃないかって気がしてます。

是非試してみてください。

紹介URL:プラチナカード特別審査

上のリンクなんですが、
私からのプラチナカードの招待です。

プラチナカード保有者からの招待で申し込むと
審査が優遇されたり入会特典がプラスされるらしいです。

特典に関しては
通常40,000ポイントが、、、

なんと70,000ポイントまで増えるんです。



メンバーシップリワードとは、
AMEXのポイントシステムなんですが、
基本1ポイント1円換算で使えます。

ただ、JALやANAのマイルにも交換できて、
1ポイント1マイルでANAのマイルに交換すると...
ANAのビジネスクラスでヨーロッパを往復できるくらいのマイルになります。

エコノミーで良ければグアムまで家族4人で往復できますよ。

金額換算すると30〜40万円相当です。
AMEXのメンバーシップリワードポイントは
各航空会社のマイルに交換するのが
一番お得です。

ていうか1ポイント1マイルはやばいです。

ぜひ、紹介URLからクレジットカードを入手して、
通常よりも3万ポイント多く手に入れてくださいね。

紹介URL:プラチナカード特別審査






LINEで簡単AMEX発行サポートはじめました!

学生でもAMEXを発行する方法、
お得な発行方法をLINEでサポートします。

お気軽にご相談くだささい。
遅くなりますがしっかりと個別でお返事します。

友だち追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KTHR(北原)

AMEXのステータス性に憧れてプラチナ審査に直撃。まさか通ってしまい大学生ながら500万円の与信をGET。仕入れでAMEXを切りまくり月商400万円規模の転売を経験。利益は米国インデックスに突っ込み資産形成。現在は転売以外にも様々な副業に挑戦中。転売・株式投資・仮想通貨・不動産運営・アフィリエイト・コンサル・カジノ。趣味はお金を使ってお金を増やすこと

-AMEX, ブログ

© 2020 Lazzzy inc. Powered by AFFINGER5