VAPE

THE GIMMICK BY ATHEA

私のMOD遍歴
3つ目は前回を上回るゲテモノです…

なんか新MODを手に入れるたびに
価格的にもマニアック度も上がっている気が…

今回紹介するMODは、
一定数のマニアがいる有名なメーカーの
世界限定モノ

アトマイザーで世界限定ならいくつかあるけど、
MODで世界限定ってあまりない気がするのは私だけ?

衝動買いしてしまったので、
早速レビューしていきたいと思います。






興味がなかったBOXMODに手を出した…

今までのMOD遍歴を振り返ると

1. アメリカンなデザインに一目惚れ
SubZero X competition mod

2. チタン&ストーンウォッシュ仕上げに一目惚れ
ORAGE MOD

と、お分かりのように私はチューブタイプが好きなんです。
それもゴツゴツデザインのないシンプルなやつが。

3つ目もメカチューブだと思うじゃないですか。
私もそのつもりでした。

しかし、なんと、
BOXMODに手を出してしまったんです。



BOXMODって私のなかで、
デジタルな安っぽいヤツか、
素材やデザイン重視の超高いヤツの二択ってイメージで

どっちにしろ私の好みじゃなくて
手を出そうとも思ってなかったんですが、、、

「何買おうかな〜」って物色していたら、
一目惚れしたBOXMODがありました…

それがこれ↓

外箱だけじゃわからないですよね。
でも一部のマニアからしたら、
このロゴにとっても憧れがあるかもしれません。

ジェネシスアトマイザーのIn'Axや、
タンクシステムに工夫を凝らしたIn'saneなどの
名機を生み出し続けているATHEA MODSのロゴです。

今ではGenesisと言ったらATHEAと言われるほど
有名でハイエンドなブランドになっていますが、
そんなATHEAが2016年に出したBOXMODに
本気の一目惚れをしました。



さっそく紹介していきますね。






Spec

The Gimmick by Athea

Little piece of jewelry, this is the first mod box from Athea.
Designed to mimic the famous Zippo Lighter.
Hidden under the rotating cap a Mecanical Mod using a 18350 battery and cartomizer tank.
If you have an IN'AX 18mm you'll be able to use it in your Gimmick, with a brass adapter ring.

Features :

- Height: 66.5 mm
- Width: 40.5 mm
- Thickness: 21 mm

Materials :

- Body : Anodized 6061 Aluminium
- Hinge : Mirror Polished Brass
- Top Cap : Stainless Steel 316L
- Bottom Connector : Brass, Silver Plated

Contains :

1 * Box Mod
1 * Cartomizer Pyrex Tank 5ml
1 * Top Cap
1 * Drip Tip

For use with some 35mm style cartomizer :


35mm Boge Cartomizer
Billet Bridge by Atmistique
Billet Bridge uses Aspires BVC or BDC atomizers
In'Ax Carto by Athea
Billet Hound by Animodz
VP ASP by Vape Prod
Insider Steam Tuners

In'Ax 18mk2 is also used with the appropriate ring

Color : Black, Silver, Brawn, Blue or Red



簡単に説明すると、
ZIPPO形のMODです。

18350バッテリーを1本使と
別売の専用カートマイザーを使いますが、

別売のオプションを用意すれば
ATHEAのGenesisアトマイザー
「IN'AX 18」を取り付けることができます。

カートマイザー(cartomizer)と聞くと
初心者用スターターセットに付属してる
安価なものをイメージされるかもしれませんが、

BOXMOD用のカートマイザーは、
1万円を優に超えてくるので恐ろしいですよ。

ATHEA以外のカートマイザーやBBアトマも
取り付けられるらしいんですが、
私はATHEAで組みたいと思ってます。

まずはカートマイザー(In'Ax Carto)で、
後々 In'Ax 18mk2 でも組んでいこうかと。






外見

早速本体レビューです。

外箱は先ほどもお見せしたやつ。
なかなか高級感のあるしっかりとした作り

上に開けるタイプですが、
蓋はマグネットでくっついています。
お金かけてますね。

左上の黄色いシールはシリアルナンバー
このMODは世界限定400個の販売です。



今回私がチョイスした色は「シルバー」

ブルーもレッドもとっても綺麗な色なんですが、
せっかくのZIPPOタイプということで
溶け込みやすそうなシルバーを選びました。



箱の中身はこんな感じ
右上のリングは別売のオプション

In'Ax 18mk2 を取り付けるためのリングです。



裏にはモデル名とシリアルが掘られていました。
めちゃくちゃ格好いい



蓋を開けるとこんな感じ

ボタンの下に18350を格納し、
ドリップチップの下に5mlのガラスタンクが入っています。

蓋は弱目のマグネットでくっついています。
ボタンストロークは軽く浅く、
ちょうど良い押し心地でした。

取り出してみましょう。



タンクとドリップチップが付属していますが、
肝心なアトマイザーは別売なので注意が必要です。

タンクの中心に直径9mmの
In'Ax Cartoを挿して使うのです。



MODのサイドにはリキッド残量を確認するための
穴が空いていました。



ちなみに、
「In'Ax Carto」とはこんなヤツ

こんな細いボディの中で、
Genesisビルドされているんです。






ビルド

それでは早速、
専用カートマイザー「In'Ax Carto」を
組み込んでいきます。

In'Ax Carto は別記事でビルドしました。

In’Ax Carto



どこに組み込むのかというと…
GIMMICKのガラスタンクに、
貫通させるように装着させるのです。

↑こんな感じ



そしてガラスタンクを
GIMMICKの中へ入れ、



ドリップチップをつけて完成。





ちなみにバッテリーは
小さめな18350規格

プラス極が下に来るように差し込みます。

バネが入っているため
バッテリーが半分ほど持ち上がっており、
着脱がしやすいです。






まとめ

またまた一目惚れで買ってしまったMODですが、
触り心地やサイズ感は本当に良く
蓋付きということで持ち運びに重宝しそうです。

本気で格好いい
もともとZIPPOは好きで、
スターリングモデルとかを収集していました。

実はまだ、In'Ax Cartoが手元になくて
実際にビルドができていないんです。

Gimmickの入手自体がとても困難でしたが、
In'Ax Cartoも世界的に希少なアトマで、
日本ではもちろん手に入りません。

ポルトガルやイギリスのVAPEショップで発見したので、
個人輸入中です、

届いたらビルドして
In'Ax Cartoのレビューとして
記事にしていきたいと思います。



追記:
In'Ax Cartoのビルド記事はこちら

In’Ax Carto





1週間ほど使っていますが、
蓋があるってすごくいい。
メカニカルなのにミスファイアの心配がありません。

そしてコンパクトな本体と合わさって
ポケットに入れて気軽に持ち運べます。

自分史上最高のMODです。



ドリップチップを覗くと赤熱したコイルが見えます。
めちゃくちゃ格好いいメカニカルMODでした。





全くの余談ですが、

GIMMICKのビルドを終えたあと
FacebookのAtheaオーナー限定グループに写真を投稿したら
50件近くの「いいね」がつきました。

他の投稿だといいねは平均10件だったので
世界中のAtheaファンからも一目置かれるMODに間違いありません。

「どこで手に入るの?」といったニュアンスのコメントもついていました(笑)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KTHR(北原)

AMEXのステータス性に憧れてプラチナ審査に直撃。まさか通ってしまい大学生ながら500万円の与信をGET。仕入れでAMEXを切りまくり月商400万円規模の転売を経験。利益は米国インデックスに突っ込み資産形成。現在は転売以外にも様々な副業に挑戦中。転売・株式投資・仮想通貨・不動産運営・アフィリエイト・コンサル・カジノ。趣味はお金を使ってお金を増やすこと

-VAPE
-, ,

© 2020 Lazzzy inc. Powered by AFFINGER5