Apple PC

AirPodsをWindowsPCにペアリングさせる方法

新型AirPodsが噂され、
iPhone12のリーク画像とともに
勢いを増しているApple製品

私も、今から10年前、
iPhone3GSからずっとApple製品を使っている
いわゆるApple信者なのかもしれません。

もちろんスマホだけでなく、
周辺機器もAppleばかり。

MacBookだったり、
AirPodsだったり、

特に今年に入ってから入手した
AirPods Proが手放せないくらい
とても気に入っています。

ノイズキャンセリング機能を使えば、
簡単に自分一人の世界に入れますし、

外音取り込みモードにすれば、
耳が密閉されているとは思えないくらい
自然に外の音を聞くことができる。

ライフスタイルを充実させるための
3種の神器に間違いなく入ってくる
とても画期的なイヤホンだと思います。

他の2つがなんだかわからないけど。



そんなとても便利なAirPodsですが、
もちろんApple製品との相性は抜群です。

でも、だからと言って、
Android端末やWindowsPCとは
ペアリングできないわけではありません。

本日は、Windows10がインストールされているPCに
AirPodsを接続してイヤホンマイクとして使う方法を
ご紹介していこうと思います。




AirPodsをWindows10にペアリングさせる方法

まず、Windows10の設定画面から、
「デバイス」という項目を開きましょう。


左メニューの「Bluetoothとその他のデバイス」画面で、
BluetoothがONになっているのを確認してください。

デスクトップPCですと、Bluetooth機能が
もともとついていないことが多々あります。

私の自作PCにもデフォルトでついていなかったので、
Wi-Fi兼Bluetoothアダプタを組み込みました。

BluetoothがONになっていたら、
「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」ボタンから
デバイス追加画面に進みます。


「Bluetooth」ボタンを押し、
デバイスデバイス検出画面に移りましょう。

現状、AirPodsは検出されていないようです。

一旦、WindowsPCはこの画面のままにして、
AirPods側を操作していきます。





AirPodsのふたを開きます。
この時点でLEDランプは緑かオレンジに
光っていると思います。


背面にあるボタンを
3秒ほど長押しします。


すると、LEDランプは白く光ります。
この状態がペアリングモードです。

この状態のまま、
WindowsPCに戻りましょう。





Windows10のデバイス検出画面に
無事、AirPodsが表示されました。

検出されたAirPodsをクリックすると
Bluetooth接続が開始されます。

ちなみに、AirPodsの名前は、
iPhoneやMacBookから自由に変えられます。


無事に接続まで完了しました。
この状態でAirPodsを耳につければ、
イヤホンマイクとしてすぐ使えます。


Windows画面右下に、
このようなポップアップも表示され、
Appleのイヤホンを使うためのドライバー類が
自動でセットアップされていました。

簡単ですね。






Windows10からAirPodsの接続を解除する方法

通常、AirPodsを使い終わったら、
ケースに戻すだけで接続は切れます。

またAirPodsを取り出して耳につければ、
自動的にWindowsPCに接続されるでしょう。

しかし、もうWindowsでは使わないことになったら、
Windowsの設定画面からAirPodsの接続情報を
完全に削除することもできます。




解除は、接続したときと同じように、
Windows10の設定画面から「デバイス」に進み、
「オーディオ」欄に表示されているAirPodsをクリック

「デバイスの削除」というボタンが出てくるので、
クリックして削除しましょう。

そうすることで、AirPodsを耳につけただけで
自動的にWindows10に接続されることはなくなります。






まとめ

AirPods Proはもちろん、
先代のAirPodsやAirPods2も
世界的に大ヒットしたイヤホンです。

それだけ使い心地や性能が
評価されているということですから、
Apple端末に限らずWindows端末や
Android端末でもフル活用したいですね。

特に最近はリモートワークで、
ビデオ通話をする機会が一気に増えました。

私もZoomなどでミーティングをするときに
時折AirPodsを耳につけて参加します。

ヘッドセットとは違い、
つけている感覚がとても少ないため
長時間使用しても疲れません。



ただ、、、

仕事で使うとなると、
AirPodsのバッテリーの持ちが心配ですね。

リモートワーク開始当初は
朝一からAirPodsを耳につけて業務をしてみたのですが、
お昼過ぎ(実務5時間弱)で電池切れとなりました。

バッテリー面が心もとないのは否めないですが、
AirPodsは本当にライフハックの3種の神器です。

ぜひ皆さんも、
Appleに限らずWindowsでも
AirPodsをフル活用しましょうね!






品薄だったAirPods Proが…

ここ最近ですが、やっと、
品薄だったAirPods Proが
安定供給されるようになりました。



しかも、Amazonなら
若干ですが定価よりも安く販売されていました。

もう転売価格で買う必要も、
家電量販店で入荷待ちをする必要もありません。

今すぐAmazonでAirPodsを買って
翌日受け取ってしまいましょう!!






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KTHR(北原)

AMEXのステータス性に憧れてプラチナ審査に直撃。まさか通ってしまい大学生ながら500万円の与信をGET。仕入れでAMEXを切りまくり月商400万円規模の転売を経験。利益は米国インデックスに突っ込み資産形成。現在は転売以外にも様々な副業に挑戦中。転売・株式投資・仮想通貨・不動産運営・アフィリエイト・コンサル・カジノ。趣味はお金を使ってお金を増やすこと

-Apple, PC
-,

© 2020 Lazzzy inc. Powered by AFFINGER5