Apple Apple Watch

弾丸入手!Apple Watch series6 HERMES

2020年9月18日、新型Apple Watchが発売されました。

前々からApple Watch欲しいと思っていたのですが、9月15日の深夜に行われたApple September Eventで「新型が出る」と発表されたのを知って、購買意欲が急上昇。Appleの公式ページを「欲しい欲しい」眺めながら、ケースの材質やベルトで悩み、金額と睨めっこしていたら、予約が次々と入っているのかジリジリと配送予定日が後ろへ伸びていきます。



Apple Watchの発表から1日後、9月16日にはオンラインからの購入で2〜4週間となっており、即断できなかった自分を悔やみながら購買意欲が少し落ち着いていたのですが…

翌9月17日、ふとオンラインサイトで「好きなスタイルを作る」で遊んでいたら、「銀座で “明日” 受け取り」との記載が!!



9月17日に「明日」と表示されているわけですから受取日は9月18日、series6の発売日ですよ!

発売日に新作Apple Watchが手に入る…買うしかない!!







衝動買いしてしまったわけです。

現実的に9月18日は平日で仕事があったので、1日遅れの9月19日(土)に受け取ってきたので、人生初のApple Watchを開封レビューしたいと思います。






心をくすぐる化粧箱



化粧箱からして最高です!
今までWatch買ってなくてごめんなさい!
Appleさん一生ついていきます!

心の底からこう思う丁寧な梱包でした。



梱包ってとっても大事ですよね。梱包が綺麗だとリピートしたくなる、これ物販ビジネスの基本です。Apple製品は化粧箱の素材から上質で手触りが良く、中の製品や付属品配置についてもAppleらしい「無駄を削ぎ落とした」かのような素晴らしさがあります。







話が脱線しましたが、今回衝動買いしたApple Watchもとにかく感動するくらい綺麗な梱包でした。






Apple Watch HERMES



今回私が買ったのはApple Watchの中でも高級ラインのHERMESモデル

「スペースブラックステンレススチールケースとシンプルトゥール」なんていう名前がついているようです。簡単に言うと “まっくろ” なApple Watch







とにかく黒いです。Watch本体もスペースブラックですし、付属のベルトも黒、しかもバックルなどの金具類もまっくろです。series5以前のHERMESモデルで黒のApple Watchは、化粧箱もブラックの特別仕様だったそうなのですが、series6は通常のオレンジ色の化粧箱でした。






いざ開封



中身はこんな感じ。

とにかく格好いいです。HERMESモデルはもちろんレザーベルトが付属するのですが、レザーベルトとは別にスポーツバンドがつくんですね。普段使いにレザーベルト、スポーツ時にはスポーツバンド、という感じで使い分けるのでしょうか。







ちなみにこのスポーツバンドも普通に手に入るものではありません。留め具にさりげなくHERMESロゴ。HERMESモデル専用の非売品スポーツバンドでした。しかもブラックモデルにはブラックのスポーツバンド。イカツイです。HERMESと言ったら王道キャメル色かな〜って悩んだんですが、異端のブラックモデルを選びました。後悔はしていません。







series6のHERMESモデルのベルトに、ケース上部のラグが大きめにカスタマイズされた特別デザインが追加されたのですが、40mmにしか対応していないらしく断念。これの44mmシングル巻きベルトが出たら単品で欲しいな。







私貧乏性でレザーベルト勿体なく思えて使えません。当分の間はスポーツバンド一本で過ごそうと思ってます。レザーバンドは化粧箱の中でおやすみ中。







そういえば、series6と同時に発表された「ソロループ」っていう新バンド、めちゃくちゃ興味があります。バックルがないのでApple Watchを腕につけっぱなしでも気にならないんだとか。ソロループは2種類あるのですが、編み込まれた「ブレイデットソロループ」の方がめちゃくちゃ欲しい。チャコールを早速予約しまいました。



が、7〜8週間待ち(笑)気長に待ちます。






HERMESモデルは文字盤に価値がある

ところで、通常のステンレススチールモデルは10万円を切るのに対してHERMESモデルは15万円から。HERMESモデルだけ異様に高いんですが、他のモデルとの性能には何ら変わりはありません。もちろん付属のHERMESレザーベルトが高いのもあると思うのですが、ベルト単品の値段を足し合わせても、どうしても、HERMESモデルの方が2〜3万円高い計算になります。







この金額の違いは、ズバリ「文字盤」



HERMESモデルでしか選ぶことができない、HERMESロゴ入りの文字盤に付加価値がついているんです。たったそれだけですが、買って嫌な気持ちにはなりません。



Appleさん、本当に商売がお上手で。




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KTHR(北原)

AMEXのステータス性に憧れてプラチナ審査に直撃。まさか通ってしまい大学生ながら500万円の与信をGET。仕入れでAMEXを切りまくり月商400万円規模の転売を経験。利益は米国インデックスに突っ込み資産形成。現在は転売以外にも様々な副業に挑戦中。転売・株式投資・仮想通貨・不動産運営・アフィリエイト・コンサル・カジノ。趣味はお金を使ってお金を増やすこと

-Apple, Apple Watch

© 2020 Lazzzy inc. Powered by AFFINGER5