ブログ

AirPods Pro卒業!10万円のイヤホン購入!?

このブログでもたびたび登場し、
私自身半年以上愛用し、べた褒めしていた
【AirPods Pro】をなんと、

売却してしまいました!

理由はいろいろあるんですが、
大きな理由の一つが「新型の噂」…

ハッキリとはアナウンスされていませんが、
「近々、新型AirPods Proが出る」とか言われてません?

どっかでそんな記事を見かけて、
確かにでるかも~って思ったので、今のうちに、
一旦手放すことを決心しました。

とは言え、今まで移動時間は、
必ずイヤホンで音楽を聞いていたので、
イヤホン無しの生活は出来ません。

AirPods Proに変わるイヤホンを
早急に入手する必要があったのですが、

今日は私が新しく購入した、
“超ド級のイヤホン”をご紹介していこうと思います。






お値段なんと10万円以上!?

もったいぶるのもあれなんで
早速新しいイヤホンをご紹介しますね。

AirPodsの代わりとして購入したのは、
アメリカSHURE社のフラッグシップイヤホン
『SE846』というモデルです!

SHURE SE846

こちら、お値段なんと、
10万円を超えてきます(笑)

SHUREは音響関係の機材を作っている、
アメリカの老舗メーカー。

ロゴは見たことあるのですが、
イヤホンを作っているとは正直知りませんでした。

今回私が買った「SE846」というモデルも、
ミュージシャンがステージ上で音楽をモニタリングするときなどに
よく使われているプロ向けのイヤホンなんだとか。

AirPods Proには本当に満足していましたが、
買い替えるなら劣らないイヤホンがほしいなと思って
単純に価格が高いイヤホンを探して見つけました。

SHURE社のラインナップの中には、
20万、30万とバカ高いイヤホンもありますが、
それらはコンデンサを必要とするようなので、
「SE846」が実質最上位というわけです。

ちなみに、下位モデルには
1万円代、2万円代、5万円代が
ラインナップされていました。






実際SE846は良いの?

これも結論から言いますね。

「正直、AirPods Proのほうが良かったかも(笑)」

ごめんなさい、私の耳が
バカなだけかもしれませんが、、、

私、バスブーストがかかってる曲が大好きなんです。

鼓膜を物理的にブルブル震わせるくらい
強い低音を爆音で聞くのが割と好きで、

低音に限って言えば、
AirPods Proのほうが、もっと言えば
EarPods(Appleの有線イヤホン)のほうが
よかったかな~と思います。

低音は出ていても音が籠ったり、
高音域がハッキリ出ていないという
感じはありますけどね。

低音はAirPodsに劣るけど、
高音域やサウンドの奥行、音の綺麗さは、
SHUREのSE846に軍配が上がります。

さすがプロ向けというだけあって、
音質は本当に素晴らしいです。

私のバカな耳でも、
安物のイヤホンとは違うなって
ハッキリわかりました。






カスタマイズ性が高い!

で、SHUREのイヤホンの特徴が、
リケーブルやフィルタの交換など、
自在にカスタマイズできる点。

リケーブルとは、イヤホンのケーブルを
自分の好きなものに交換できること。

例えば、音質が良いとされている
銅や銀、金を用いた高価なケーブルに交換したり、
Bluetooth対応のケーブルに変えたりと、
イヤホンをカスタマイズすることができる。

ちなみに、私はデフォルトの有線から、
Bluetooth5.0に対応したSHURE純正の
オプションケーブルを使っています。

SHURE RMCE-BT2


さらに、
最上位のSE846専用の機能らしいのですが、
耳に装着するイヤーピースの部分のフィルタを
3種類の中から自由に交換できるそうです。

簡単に言えば、
高音強化型、低音強化型、バランス型
この3種類から選べます。

このフィルタを通して音が耳に伝わるので、
最後の最後で音の調整はユーザーに委ねている
という設計らしいです。

そして、このフィルタ1つで
このイヤホンの性質がガラッと変わるので、
10万円ですが3つの高級イヤホンを所持しているのと
同じくらいすごいカスタマイズ機能なんだとか。

後々、私も交換して
音の変化を楽しんでみたいです。






でも、まあ高いかなあ?

SHURE SE846が
プロフェッショナルユースでとても凄いイヤホン
だということはハッキリとわかります。

現にSE846を数週間使って大満足しています。

でも、音響にそこまでこだわってない、
音楽関係の仕事をしていない私からしたら、
さすがにちょっとお金をかけすぎたかなーと
ちょっと反省しています(笑)

イヤホン本体に10万円弱
Bluetoothケーブルに2万円
(完全ワイヤレスに変えました)

AirPods Pro4台分くらい
お金をかけているわけですから(笑)

そう考えると、約3万円で、
馬鹿みたいに強いノイキャンがかかるAirPods Proは
本当にすごいイヤホンなんだと感心しました

総合的な点数で言えば
SHUREがすごいんだと思いますが、
10万円という値段を考えると、

3万円でAirPods Proを買ったほうが、
幸せになれるかなと思ったり…(笑)

所有感は満たしてくれます。
スケルトンで明らかに高級そうな
オーラを放っているので(笑)

当分の間はSE846を使って、
「AirPods Pro 2」が出たら、
また買い替えるかな~

SHURE純正の
Bluetoothケーブルは2種類あって
2つとも買って試してみたので、

そちらのレビューも後日投稿してみますね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KTHR(北原)

AMEXのステータス性に憧れてプラチナ審査に直撃。まさか通ってしまい大学生ながら500万円の与信をGET。仕入れでAMEXを切りまくり月商400万円規模の転売を経験。利益は米国インデックスに突っ込み資産形成。現在は転売以外にも様々な副業に挑戦中。転売・株式投資・仮想通貨・不動産運営・アフィリエイト・コンサル・カジノ。趣味はお金を使ってお金を増やすこと

-ブログ

© 2020 Lazzzy inc. Powered by AFFINGER5