仮想通貨 投資

世界一わかりやすい!BINANCEの入出金方法

何かと盛り上がっている仮想通貨

興味本位で手を出して、
ハマり込んでしまった人も
少なくないはずです。

私も昨年末に初めてビットコインを購入し、
1ヶ月以上のホールドの末に個別通貨の
短期トレードに手を出してしまいました。

結果はお察しの通りですが、
トレード目的で特にオススメな海外ウォレット
BINANCE(バイナンス)」について、

世界一わかりやすく
解説していこうと思います。

本記事はまず入出金について、
それでは行ってみましょう!






BINANCE(バイナンス)とは?

BINANCEとは、
「世界最大の取引所」です。

BINANCE(バイナンス)で口座開設する

2017年に中国で誕生し、
わずか半年で取引流通高世界最大へと
急成長を遂げた取引所です。

日本国内での日本人の利用ももちろん合法で、
分散型取引所(DEX:Decentralized Exchange)の
開設も予定されているなど、

セキュリティ面にも
力を入れている取引所ですので、
安心して利用できます。

また、なんといっても
取り扱っている(取引できる)仮想通貨の
豊富なのが大きなメリットですね。

アルトコイン(草コイン)含め
世界中のほとんどの通貨を板取引できるので、
テンバガー(10倍以上の高騰)をに遭遇できる
可能性が非常に高い取引所です。

なので、日本国内で有名な、
CoinCheckやGMOコインで仮想通貨に慣れたら、
BINANC Eも触ってみることをオススメします。

手数料面でもかなりお得ですので。




BINANCEでのトレード参加準備

BINANCE(バイナンス)の口座を開いたら、
さっそく仮想通貨を送金しましょう。

BINANCEは日本の取引所ではないので、
日本円を銀行から振り込むことができません。
(法定通貨は基本、米ドル($)を使います)

ですので、オーソドックスな方法が、
CoinCheckやGMOコインでビットコインを買って、
ビットコインをBINANCEに送金して、

BINANCE内のビットコインを元手に
ビットコインなり他の仮想通貨の板取引に
参加することになるでしょう。

ですので、
まずは国内仮想通貨ウォレットで
ビットコインを買いましょう。




BINANCEへの仮想通貨入金方法

それでは、さっそくBINANCEへ
ビットコインを送金していきます。


入金手順1

トップバーメニューから「Wallet」を選択
ドロップダウンリストから「Overview」を開きます。

この画面が、
あなたのBINANCEウォレットに入っている
全ての通貨の情報(Overbiew)です。


入金手順2

移り変わった画面の左メニューから「Deposit」を選択


入金手順3

現金から預け入れるか(Deposit Cash)
仮想通貨で預け入れるか(Deposit Crypto)問われるので
「仮想通貨で預け入れ」を選択しましょう。


入金手順4


「Coin」はBINANCEに
入金したい仮想通貨を選択。

今回はビットコイン(BTC)ですが、
デフォルトから選択されていますね。


画面右側「Select Network」で「BTC」が
選択されていることを確認してください。

ネットワーク次第で送金アドレスが変わり、
仮想通貨を正しく送れなくなってしまいます。


「BTC」が選ばれていることを確認したら
コピーボタン(↓部分)をクリックして
アドレスをコピーしましょう。


入金手順5

コピーしたアドレスを、
出金元ウォレットの送金先アドレスにペースト。

写真はCoinCheckの例です。

この時、必ずパソコンの
コピー&ペーストを利用してください。
間違っても直打ちはやめてください。

アドレスが一文字でも、
大文字小文字が間違っていたとしても
仮想通貨の送金は失敗します。

しかも、銀行間のお金の振り込みと違い、
送金失敗した仮想通貨は返ってきません。

送金側・入金側に問い合わせても、
コインがどこへ消えたのかはわかりません。
誰も調べることができないのが、
ブロックチェーンという仕組みです。

間違えて送金したコインは、
二度と返ってくることがありませんので
送金には最新の注意を払ってください。

少額のコインを試しに送金して、
着金確認ができてから本番送金をする、
などのリスクマネジメントもありですね。


入金完了

無事、BINANCEへの
ビットコイン着金が確認できました。

送金から着金には時間がかかります。

早くて30分、
混み合っていると1時間かかったりもするので、
焦らず気長に待ちましょう。



念のため、
CoinCheck側からも送金履歴を確認

ばっちりですが、
送金手数料が高いですね。

ビットコインが500万円だと
1回の送金で5,000円も取られます。

でもこれで入金は完璧ですね!





BINANCEからの仮想通貨送金方法

次は「BINANCE」からの送金方法です。

トレードを終えた仮想通貨を
日本円に変えて現金で引き出したい時などは、

まずBINANCEから、
仮想通貨を日本ウォレットに送金し、
日本ウォレットで日本円にトレードし、
銀行振り込みで出金する。

という手順で現金化していきます。



それでは、実際にBINANCEから
ビットコインをCoinCheckに送りましょう。




出金手順1

入金手順2と同じ画面まで進んでから
今回は「Withdraw(出金)」を選択


出金手順2

出金もCoinCheckを例に解説します。


コイン受取メニューから
ビットコインが選択されているのを確認。

仮想通貨別に入金用アドレスが異なるため、
BINANCEから送金したいコインと一致した
受取用アドレスを準備する必要があります。


英数字で出力された入金用アドレスを
矢印のコピーボタンを押して確実にコピーします。


出金手順3


出金したい通貨を選択します。

今回はビットコイン(BTC)、
デフォルトもビットコインです。
 


CoinCheckからコピーしてきた
入金用アドレスを確実にペーストします。

一文字も間違いがないか
目視でも確認しましょう。
 


ココが結構重要です。
送金ネットワークを選択する必要があります。

CoinCheckへ送る際は有無をいわずに「BTC」を選択。
CoinCheckからの入金時も「BTC」を使いましたが、
日本のウォレットへ送る際は「BTC」が基本です。

ウェブブラウザ版は手動で選ぶ必要がありますが、
スマホ版BINANCEアプリでは入金アドレスから
ネットワークを自動判別してくれるので便利です。

(BINANCE偽アプリがあります、気を付けてください。)
 


送金したいBTCを入力。

MAXを押せば、
送金手数料を差し引いた最大量を
自動で入力してもらえます。

ちなみに、BINANCEの
ビットコイン送金手数料は一律0.0005BTC
CoinCheckの半額です、安い!
 


「Submit」を押して送金!

送金時にはSNSとEMAILで
二段階認証ならぬ三段階認証が必要です。
セキュリティ的には強固ですね。

入金時同様に、CoinCheckへの着金までには
30分から1時間ほどの時間がかかります。

気長に待ちましょう。


出金完了


BINANCE側の出金履歴と、
CoinCheck側の受取履歴です。

無事、ビットコインの出金ができました。

BINANCEは口座開設後、本人確認なしに
24時間最大2BTCまでの出金が可能です。

本人確認を済ませると、
24時間での最大出金量が100BTCまで増えます。

とても便利なウォレットですので、
仮想通貨に本格的に取り組むなら口座を
開設しておくことをオススメします。

もちろん無料です。

BINANCE(バイナンス)で口座開設する






まとめ

仮想通貨を始めたての人の多くが、
CoinCheckやGMOコイン、BitFlyerといった
日本国内で有名なウォレットを使っています。

ですが、少しだけ背伸びをしてみると、
それらの日本ウォレットよりも使いやすく、
手数料も安い海外ウォレットがあります。

その中でも、取引流通量世界No.1、
今一番勢いのある海外ウォレット
「BINANCE(バイナンス)」をご紹介しました。

Twitterで仮想通貨トレードの
写真を投稿しているプロのトレーダーの大半は
この「BINANCE」を使っていると思います。

日本ユーザーも増えてきていますし、
ウェブ版、アプリ版ともに日本語に対応していますので、
海外ウォレットだからと敬遠しないで、ぜひ積極的に
BINANCE(バイナンス)を使ってみてください。

使い勝手もよくてとてもオススメです。

BINANCE(バイナンス)で口座開設する




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KTHR(北原)

AMEXのステータス性に憧れてプラチナ審査に直撃。まさか通ってしまい大学生ながら500万円の与信をGET。仕入れでAMEXを切りまくり月商400万円規模の転売を経験。利益は米国インデックスに突っ込み資産形成。現在は転売以外にも様々な副業に挑戦中。転売・株式投資・仮想通貨・不動産運営・アフィリエイト・コンサル・カジノ。趣味はお金を使ってお金を増やすこと

-仮想通貨, 投資

© 2020 Lazzzy inc. Powered by AFFINGER5