Wordpress

WordPressテーマ【yStandard】 フッターカスタマイズ

当サイトは「yStandard」というWordpressテーマを使わさせていただいております。

シンプルイズビューティフル
という言葉がピッタリな、白を基調としたシンプルで見やすいテーマです。

今回はこのテーマを少しだけ、自分なりにカスタマイズしていきたいと思います。





フッターのCopyright

カスタマイズ箇所は、フッターのCopyrightです。
デフォルトで最下部左に表示されているCopyright文を削除していこうと思います。

正確にはCopyrightではなく、1つ下のピンクで囲った部分です。






これを消すのはテーマ製作者様に申し訳ないことなのですが、
テーマ利用規約を読ませていただいたときにこのような表記があったので、
ご厚意に甘えさせていただくことにしました。

3行規約
yStandardの利用についてざっくり3行でまとめました

  • 無料でテーマをご利用いただけます。どんなサイトでも、いくつものサイトでもご利用頂けます。
  • ご自由にカスタマイズすることが可能です。
        例えばフッターの「yStandard Theme by〜」を消していただいてもOKです
  • 品質には十分注意してテーマを作成しておりますが、もし何かあっても当方は責任を負いません。
        テーマを変えて収益が落ちたとか言われても知りません
  • 引用元 : yStandard利用規約






    作業工程

    そもそもフッターのCopyrightがどこに記述されているか、テーマを探ったところ
    /wp-content /themes /ystandard /inc /copyright /copyright.php
    に記述されていました。
    これは親テーマなので、こっちを編集しても、テーマアップデートがきてしまうと元どおりになってしまいます。

    という話は置いといて、(以下は実際には行わず、読み流してください)
    Wordpress管理画面の左メニューから
    「外観」 → 「テーマの編集」 よりテーマ「yStandard」を選び、
    inc /copyright /copyright.php を表示させます。

    [php firstline="10;" highlight="18"]
    if ( ! function_exists( 'ys_get_footer_site_info' ) ) {
    /**
    * フッターコピーライト表示取得
    *
    * @return string
    */
    function ys_get_footer_site_info() {
    $copy = ys_get_copyright();
    $poweredby = ys_get_poweredby();
    return $copy . $poweredby;
    }
    }
    [/php]

    copyright.php の18行目、ハイライトした行を削除やコメントにすればCopyrightの1つ下の行が消えます。


    ですが先述した通り、これだけではテーマアップデートが来た際に元に戻ってしまいます。
    対処法ですが、子テーマを使います。


    先ほど「親テーマのcopyright.php18行目を削除やコメントに」と書きましたが、これは行わないでください。

    ここからが本題、作業手順です。



    1.

    WordPress管理画面の左メニューから
    「外観」 → 「テーマの編集」 よりテーマ「ystandard-child」を選び、
    テーマのための関数 (functions.php) を開きます。

    下記コードを追記して保存してください。

    [php]
    if ( ! function_exists( 'ys_get_footer_site_info' ) ) {
    function ys_get_footer_site_info() {
    $copy = ys_get_copyright();
    return $copy;
    }
    }
    [/php]


    これは先ほど親テーマ内で覗いたCopyrightに関するコードで、
    そこからPowrdby...の文(親テーマの18行目)を削除したものです。



    2.

    続いて
    スタイルシート (style.css) を開きます。

    下記コードを追記して保存してください。

    [css]
    .footer__poweredby {display: none;}
    [/css]


    これは親テーマが表示させようとするPowerdby...の文を子テーマから非表示にするコードです。





    おわり

    これで親テーマをいじることなく、フッターをカスタマイズすることができました。

    配布テーマをカスタマイズする際は子テーマを使うのが原則です。
    同じことを考えている方がいましたら、是非試してみてください。


    将来的にはテーマを自作するのがいいですね。

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    KTHR(北原)

    AMEXのステータス性に憧れてプラチナ審査に直撃。まさか通ってしまい大学生ながら500万円の与信をGET。仕入れでAMEXを切りまくり月商400万円規模の転売を経験。利益は米国インデックスに突っ込み資産形成。現在は転売以外にも様々な副業に挑戦中。転売・株式投資・仮想通貨・不動産運営・アフィリエイト・コンサル・カジノ。趣味はお金を使ってお金を増やすこと

    -Wordpress
    -

    © 2020 Lazzzy inc. Powered by AFFINGER5